忍者ブログ
せどりしつつスロットで稼いでます スロット中心の日記だけど雑記も多いです 信ONは現在休止中です
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずはじめに、管理人はすでにこのゲームは引退しております。

そのため現在の仕様についていけてない部分もあるとおもいますがその辺は配慮してください。某オフ会で要望があったことを中心に書いていきたいと思います。まずは物理技能について。

1.キャップと貫通力について

意外と知られていないようですが物理攻撃には最大ダメージとなるキャップと、ダメージのでやすさ貫通力が影響しています。

この貫通力について意外と知らない人が多いです。ようするに敵の防御力に影響されやすいかどうかということです。

具体例をだしますと3連撃のキャップは約3.7倍、暗殺の神力両断のキャップは4倍です。しかし武将戦の侍Nや高TD等のキャップに到達しにくい場所では3連撃のがダメージが高くなります。僧兵の12天や術忍の四身があまり注目されないのはキャップは高いが貫通力が低いためです。

新目録で暗殺以外の忍者がアタッカーできなくなったのはキャップよりも貫通力の高い物理技能がないのが原因といえるでしょう。(連撃系は4連以上から貫通力が高くなるため)

2.物理技能と防御術の関係性

合戦等でタイマンや特攻の時しっておきたい情報です。

防御術極意はたとえ裸でも大幅にダメージをカットするのでタイマンや足止めでは厄介な技能です。

防御中は物理系痺れは無効化されますので前衛だけでは苦戦します。しかし弱点があります。 それは連撃系の最後は防御術の効果を無視するということです。そのため大幅にカットするはずの防御術極意でも装備さえよければある程度のダメージをあたえられるのです。

タイマンを挑む際防御術を考慮して燃費のよい連撃をいれるのもいいかとおもいます。

3.人型への反撃ダメージのばらつきについて

ソロをする際人型に対しては壱の太刀をいれても反撃のダメージが安定しません。それは、連撃系に対して反撃を行うとキャップがさがる仕様が器用パッチではいったためです。このため人型にたいしてのソロは効率が悪くなってしまいました。

4.壱の太刀について

壱の太刀は連撃系は初段にしか適応されません。そのため単発系技能と組み合わせて使いましょう。

5.致命傷について

致命傷発生時は防御力を無視して必ずキャップダメージ(固定ダメージ)を喰らいます。そのため懐剣もちのNは鍛冶泣かせです。懐剣陰陽の術法剣で致命傷でたら・・・。

pc側もこれを利用し、急所撃ち改や剣閃を硬い敵にやれば安定してダメージをたたき出せます。実用性があるかどうかは徒党で相談してください^-^

長くなりましたのでここで一区切り。次回は忍者技能のキャップと貫通力についてまとめたいとおもいます

                    

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンクについて
リンクや記事の流用は一言コメントをお願い致します
最新コメント
[07/12 ぽる]
[09/19 NONAME]
[11/10 Neko]
[09/29 Dokkoi]
[05/22 わるいこ]
プロフィール
HN:
バッドガイ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析